Over 100,000,000 USD*raised! Top #6 ICO of all time: BUY ON HitBTC NOW!

×

第 1 世代のモバイルマイニングユニットの仕組み

モバイルマイニングユニット

最初のモバイルマイニングユニットの動作を見る

×

コスト効率の高い大量生産

当社のモバイルマイニングユニットは、中央アジアの各所で製造され、世界各地の目的地に搬送する前および世界各地の目的地への搬送中、厳格な性能テストに合格しています。

非常に効率性の高い冷却システム

Envion の特許取得済み冷却システムは、他のほぼすべてのデータセンターよりも格段に優れており、従来のデータセンターと比較して 40 倍以上も効率が高くなっています。

分散化されたマイニングネットワーク

当社のモバイルマイニングユニットは世界中の余剰提供のある電力発電所やビジネス施設に分配され、クリプトマイニングインフラストラクチャが忠実に分散化されていることを確認します。

プラグアンドプレイのマイニング事業

モバイルマイニングユニットは標準的な 32A 電力ラインに接続すると、すぐにマイニングを開始します。高機能なスタートアップ手順(サテライトアップリンクとサージ保護)により、これはだれでも操作が可能です。

世界で最も効率性の高いモバイルマイニングユニットを作り出す。

プラグアンドプレイのサテライト接続ユニットはベッセルの外側にあり、標準ボードの電力へ接続すると、搬送中のマイニングが可能です。フィールドテストは現在進行中です。

モバイルマイニングユニットは、最大規模の中国のコンテナ工場で製造されています。3 つの異なる工場での短期間で内密に行われる行程を経て、強化された監視のもと厳格な検査が行われます。すべてのユニットは最適化されたハードウェアと冷却システムで装備され、深セン市の国際ポートに入港し、世界各地の目的地を目指します。

コンセプト:
モバイルマイニングユニット

優れたモビリティ: 世界中のあらゆる場所のエネルギー源で直接導入

独自の冷却システム: これまでにない効率性

すぐに起動: 完全な自動化により、電源に接続するとすぐにマイニングを実行

主なメリット: 柔軟性、拡張性、モジュラー、分散化、維持可能

+
特許出願中のエアダクト・システム:
  • エネルギー源に冷却空気効率をもたらす
  • フェールセーフ: 多少のエラーの傾向のあるファンと独立に作動
  • +
    セキュリティ:
  • 3X IPカメラ(外部)
  • 2Xサーバー制御カメラ(内部)
  • NFCに基づくまたはコード保護によるスマート・アクセス
  • 窃盗保護(機密システム: 国内法に従います)
  • +
    かつてない効率:
  • 大きな直径、超効率的ファン
  • 冗長性を備え特許出願中のインフラストラクチャー、全面フェールセーフ
  • 自動圧力温度制御
  • +
    プラグインでマイニング:
  • 国際的に標準化された電源コネクター
  • 自動的な起動シーケンス
  • 急上昇保護機能内蔵
  • +
    休止時間なし:
  • UMTSダイバーシティ接続
  • 衛星データライン、世界全域をカバー
  • ダイバーシティルーター
  • 機械的なプロパティ

    20 フィートの耐航コンテナ標準的、国際的に承認された標準的な躯体、認証および実証されたデザイン、耐航性
    無駄を省いたデザイン標準的なサイズを採用している当社のユニットは、ほぼすべての輸送車両(ロードトラック、ベッセル、列車)で搬送できるよう設計されており、20~40 フィートのコンテナに対応可能です(TEU/FEU)。
    積み重ね可能積み重ねが可能なコンテナにより、当社のユニットはそれぞれの上に積み重ねることができ、強力で機能的なアレイを成形します。2x3x3 ユニットの積み重ねは 1 時間以内に導入でき、わずか 100 平方メートルの床面積で、約 1 メガワットのエネルギー換算となります。 積み重ねはサテライト/4G アップリンクなどのインフラストラクチャの機能を共有できます。
    耐久性のある素材 最適に確立された COR-TEN 鋼を材料としており、本来は無塗装で使用されるよう開発された鋼材のため、厳しい気候の条件下でも使用でき、腐食することもありません。また、「耐候性鋼」としても知られており、この鋼材は酸化鉄による保護性の錆をすぐに形成し、以降の錆の進展を保護します。
    再配列が容易標準的なフォークリフトトラックを使用することで、ユニットはいつでも再配列が可能です。たとえば、倉庫やグリーンハウス内で補助ヒーターを使用する場合、ユニットは季節ごとに必要に応じて外側や内部に入れ替えることができます。倉庫や工業用施設を暖める必要がある場合は、地域の空気の温度の要件に応じてユニットを他の場所に移動できます。さらに、ユニットは工業用ビル内の変圧器ステーション間で移動できるため、余分な電力を最大限に活用でき、大型で長く、効率が悪いケーブルが不要になります。
    リモート管理サテライトアンテナの自動測位により、便利で自動的された調整が可能です。サテライトアンテナの測位は受信装置の信号強度表示に基づいて実現され、世界のどこにいても機能的に最適化を行い自律的に位置設定が行われます。輸送目的、または嵐など厳しい気候状況の場合は、アンテナは自動的に格納され、コンテナの上部に平らな状態で置かれるか、手動で完全に取り外すこともできます。このようなすべての機能はリモート管理が可能です。
    システムコンテナ内部のラックにはコンピュータシステムが含まれ、グラフィックス処理ユニット(GPU)ベースまたは高性能キュービック/円筒状の「Antminer」のいずれかに基づきます。

    GPU ベースのコンピュータ内では、GPU はエネルギーが集中したパートで、ホット(H)、コールド(C)が各サイドにあり、それぞれができるだけ離れた場所に位置しています。一般的に、GPU は長い水平線のシェルフ(シェルフの幅)に沿って配列されています。GPU の順序は関連性があり、...HC-CH-HC-CH-HC.... という交互の順番になっています(各 GPU は近隣に比べ、180 度回転されています)。CH-HC ペアを形成し、2 つのホットサイド間が面している距離は、2 つのコールドサイドが面しているお互いの距離よりも、できるだけ離れて配置されています。また、各 HC-CH ペアの GPU は、2 つ目の水平線の垂直上にある GPU ペアの近隣から、ラックシェルフ上(シェルフの横幅の線)の GPU 配置のプライマリ方向の線上で、交互に離されています。これらの結果は、サーモグラフィーおよび気流シミュレーションを用いた最適化実験および計算がこのアレイの発明をもたらした実際のプロトタイプに基づいています。

    ヒートシミュレーション

    調節可能なラック ラック間の配置は、レール上のアーカイブラックシステムを使用して簡単に調整できます。レールは初期の生産中にコンテナに溶接されます。メンテナンスと冷却の最適化の理由により、ラックはコンテナの短い水平線に沿って後で移動できるため、ラック間の場所のさまざまな調整が可能です。
    放熱と対流のシミュレーション
    パイピング

    冷却システム

    エアフローの耐故障システム大型サイズのファンが付いた中央に実装されたファン(各サイドに 1 つ)は非常に効率が高く、機器内に設置されている小さいファンよりも優れています。これらのファンは、空気をコンテナの外部に押し出すことで、コンテナ内部の低い空気圧にして、圧力勾配を形成します。吸気は、冷却が必要な機器に直接流入空気を取り込む、調節可能な吸気口ホースからのみ可能です。このように、標準の小口径ファンで生成するものと同じ気流を、小さなファンが必要とするよりも少ないエネルギーで実現しています。さらに、個々の部品による冷却は「受動的」と考えられるため、耐故障システムが形成されます。(少なくとも)2 つの大口径のファンのうち、1 つに不具合が発生すると、残りのファンに補償的な上方制御、自動メンテナンスメッセージが行われ、1 つのファンのみが作動する状態であっても、メンテナンスまでの残時間に対するフル冷却能力が生じます。
    ラックを特別な順番に配置することですべての GPU への空気の流入が可能

    「チューブのような」円筒状のコンピューティングユニット(「Antminer S9」など)では、ホースが Antminer の吸入口に直接覆われています。適切な空気の流れが常に受動的な状態であるため、ファンは完全に取り外すことができます。

    吸入ホースの内部に設置できるフィルタ(コンテナを導入する場所によってフィルタは不要な場合もあり)は、ファンの反転が可能なファンコントローラ内のメンテナンスシーケンスを利用することで、自動的にきれいになります(空気の流れを反対の方向に強制的に圧力勾配をすることにより行われます)。これは、ファンのオフサイクル中に、3 相 AC ファンモーターのうち 2 相を、2 つのリレーを使用して一時的に変更することで認識されます。空気圧の反転で、吸気口の汚れたフィルタ/ネットがきれいになります。

    ネットの状態はファンの起動により誘発される空気圧の違いを確認することで算出されます。空気の吸入の閉塞度と相関するシステム全体の抵抗の推定に、ファン作動時の相対圧力低下が較正曲線を介して使用されます。ファン電力ラインの同時に発生する電力を測定することで、ファンが適切に作動しているかどうかの検証が可能になります。
    センサー 湿度と水分のセンサーにより、多様な気候条件を検知します。コンテナを屋外に配置されている場合、激しい嵐や雨が検出されると換気システムが調整されるので、コンテナ内には水分が浸透しません。前述した空気圧と温度センサーは、外気や内部の温度を制御し、変換されたエネルギーや冷却電力を、必要な(事前に設定された)温度に調節することができます。特定のユースケースでは、ユニットの動作時温度を上昇することが推奨される場合があります(スイミングプールの温熱など)。センサーは、このような調整をリモートで設定および監視できます。
    ファンコントロール セットポイントでの PID ループの方法で認識:温度、入力:温度の読み取り、現在の数字、出力:ハッシュレートファクタ、ファンドライバ回路

    電源システムの機能

    電源装置 電源装置は、標準的で国際的に認定されている CEE 32-Amp ハブによって認識されます。タイプによっては、2 または 4 プラグが設置されます。
    電源管理配電は小型の Linux ベースのサーバーシステムおよび Atmel® ベースのマイクロコントローラによって制御されます。Node.js ベースアプリケーションの使用と、http 使用のダッシュボードにアクセスすることで、サーバーに接続されたコントロールボード、または raspberry のようなシングルプリント基板コンピュータの一般用途のイン - アウトピンが、ソリッドステートリレーのトリガに使用され、コンピューティングのリグ/マイニングリグの電源装置の電力の接続を制御します。
    サージ保護安全で実行可能なスタートアップ手順に必要な機能は、電源装置の大量な容量性負荷が課される大量のサージ電流を対処する戦略です。電源プラグに単に接続する方法で、接続ユニットの電源スイッチやフューズに物理的なアクセスを必要としない操作は、大量のサージ電流を減少させるための戦略を使用することが唯一の方法です。当社の戦略では、ランダムおよび 20 秒以内に起動したソリッドステートリレーを使用しています。電源装置では、すべてのソリッドステートリレーは「オフ」の状態になります。10 秒後、Linux ベースのサーバーシステムおよび Atmel® チップベースのマイクロコントローラはすぐに準備が整います。スタートアップスクリプトは、自動で実行され、1 つのラックのみが一度に電力を受け取るように、16 ラックのソリッドステートリレーをランダムに起動します。オンになるとすぐに、Atmel マイクロコントローラによって制御される、ラック専用の 3 セットのソリッドステートリレーが順番に起動します。電力の消耗はコントローラによっても確認され、シリアルライン(USB 接続)を介して対応するサーバーに送られます。
    自動化スタートアップシーケンス自動化スタートアップシーケンスを使用すると、システムに標準プラグを安全に接続できます。また、高機能で特殊な回路ブレーカーを使用する必要がなく、多様なコンテナが、ほぼすべての有効な電源ソースに確実に接続されます。
    自動化シャットダウンシーケンス自動化スタートアップシーケンスの例として、アクセスコントロールの目的で使用されるテンキーに(秘密の)コードを入力すると、容量性負荷が電源プラグから順番に切断されます。このコードにより、中央サーバーに接続されている信号回路での遮断がトリガされます。回路で遮断を認知すると、プログラムのショットダウンがトリガされ、すべてのソリッドステートリレーをシャットダウンするため、プラグを安全に取り外し、プラグ内のアーク放電を防止できます。

    ユースケース

    コンテナの主な用途
  • クリプトマイニング関連のアプリケーション:コインマイニングの
  • ブロックチェーンインフラストラクチャの機能:サーバーアプリケーションをサポートする
  • マイニングアクティビティ:クラウドサービスの
  • GPU ベースアプリケーション:クラウドレンダリング(VR の算出、ムービーなど)
  • コンテナ換算エネルギーの二次的使用(サーマル)
  • グリーンハウス/垂直農法の暖房
  • 工業施設/倉庫の暖房
  • 風力、太陽光、従来の化石燃料といった多様な電力の供給施設、発電所、変圧施設での余剰供給の転換、または(使用されていない産業の)変圧施設での余剰供給の転換
  • テクニカルデータ

    入力電力の前提条件:3-7x 標準 CEE 400V 交流電流 32A
    入力電源:40–138KW
    冷却/補助電源:800–1000W
    冷却効率:12,000 cbm/時
    冷却システム:2x 400VAC モーター 450 mm 直径ファン 250W
    電源使用効率:= 1,02 – 1,01 PUE
    出力:40 – 125 KW サーマルエネルギー
    投資利益率:161%/年
    構成:モバイルマイニングユニットは 3 つの構成で利用可能(低、中、高密度)
    ライブで体験する:マイニングダッシュボードを開く

    Smart mining operations for smart investors.
    Stay in touch and get your profit.

    Smart mining operations for smart investors.
    Stay in touch and get your profit.